2014年5月28日水曜日

年中 高校生交流会

こんにちは!年中の辰野です。

5月28日(水)に年中さんの高校生交流会ありました。

高校生交流会とは、敬愛高校の生徒さんが
「総合仏教」の授業の一貫で幼稚園実習を行い、
小さな子どもたちとの触れ合いで、
命の尊さや思いやりを育むために行っています。


子ども達にとっても普段関わることのない年齢の
お兄さんやお姉さんと関わることで、
刺激をたくさん受けているようです。


お兄さん・お姉さんが幼稚園へ来られると
嬉しそうに笑みを浮かべる子ども達。
少し緊張している様子もありましたが、
挨拶を交わし、触れ合い遊びを楽しみました。

 
 
 
まず最初に名前や好きな食べ物、色などの自己紹介をしました。

 
 
手遊びでは「いっぽんばーし こーちょこちょ ♪」と
歌に合わせてこちょこちょをして楽しみました。
「くすぐったいよ~!」と逃げようとするお友だちもいました。

 
 
みんなの大好きな「お散歩ペンギン」という曲に合わせて
ペンギンになりきり、足に乗せてもらってお散歩もしました。
たかいたかいや、抱っこ、こちょこちょをしてもらって
すっかりお兄さんとお姉さんが大好きになったようです。




積み木遊びもしました。

 
「お城ができた~!」


 
 
「同じのできるかな・・?」



誰が一番高く詰めるか、お友だちと競争です!
お兄さん・お姉さんと協力して
高くどんどん積んでいきました。

 

こんなに高く出来たよ!

 
最後はぎゅっと抱っこして貰ってお別れです。
「もっと遊びたかった!」「優しかったね!」と
大満足の子ども達でした。


1時間程度の交流会でしたが、子ども達もとても喜んでいました。
これから交流会で製作や運動様々な活動を楽しむ予定です。
一つ一つの活動を通して、お兄さん・お姉さんに
色んなことを教わり、刺激になっていくことでしょう。

 
甘えたり、憧れの気持ちを抱いたり、
一つ一つの感情を大切にしながら、
これからの交流会を楽しみたいと思います。



~おまけ~


お茶をこぼしてしまったとき、お兄さんがさっと拭いてくれました。
落ち込んでしまったお友だちも嬉しそうににっこり顔になりました。
お兄さんの優しさが嬉しいです。
 

1 件のコメント:

  1. 毎回、孫の様子を見ています。
    一人っ子なのでお兄ちゃんと楽しく遊んでもらって、大きな笑い顔がみられました。
    楽しいひと時をすごせたようでよかったネ!

    返信削除