2018年5月29日火曜日

避難訓練の様子

こんにちは!
5月28日に、門司消防署の方々の
ご指導の下、火災による避難訓練を
行い、各クラスから園庭に避難しました。

消防士の方から、避難する時に、
お・・・おさない
は・・・はしらない
し・・・しゃべらない
も・・・もどらない
という「おはしも」のお約束と、
ハンカチを口元にあてながら、
ハンカチがない場合には、洋服の襟元を
口元にあてながら逃げて、煙を吸い込まないように
気をつけましょうと教えて頂きました。






次に、先生たちの消火器の使用訓練です。
今回は水消火器をお借りしました。

火災を発見した際には、まずは初期消火を
行います。
①「火事だ!」と大きな声で周囲に火災の発生を
  知らせる
②消火器で初期消火を行う
 ピノキオの手順
 ピ・・・消火器のピックを抜く
 ノ・・・ノズルを持つ
 キ・・・気持ちを落ち着かせる
 オ・・・消火器の持ち手を押して消化する

初期消火でも火が消えない時は消防署に通報する。


最後に消防車の見学です。
車両についている物に興味津々の子どもたちです。
一つ一つ丁寧に教えて下さいました。






これは、消火や救助の際に硬い壁やドアを削る
道具だそうです。



年長さんからは、子どもたちから質問もしました。
「消防士になる為には、どうしたらいいですか?」
「たくさん勉強して、たくさん遊ぶことです!」

「腕のワッペンは何ですか?」
「自分の役割の印です。車を運転する人は車の
マークがあります」
など、沢山のことを教えて頂きました。


どのクラスも素早く避難することができました。
日頃からの習慣を大切にしていきたいと思います。

可愛い一コマ
「今日は避難訓練で、火事が幼稚園で起きた時の
逃げる練習をするよ」と伝えると
「今日が練習なら本番はいつ?」と聞くお友だち。
練習があれば、本番もあるという発想に、
避難訓練だけは本番はない方が良いなと思う
私たちでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿